2013年12月17日

パブリックコメント提出

 政府が、エネルギー・原発政策への意見を求めています。

 いつものことですが、十分な告知が無いまま短過ぎる期間で締め切り「みんなの意見は聞いたからね」の既成事実を作ろうとしているように見えます。
 とは云え、市民の声を反映させられる貴重な機会です。

 「エネルギー基本計画見直し」原案の内容は、
●準国産エネルギーである原子力は重要なベース電源
●世界最高水準の新規制基準の下で安全が確認された原発は、再稼働を進める
●核燃料サイクル政策は、引き続き着実に推進する
などを明確に打ち出しています。

 この新しいエネルギー基本計画案は、2012年夏「原発ゼロ」の方向性を導いた国民的議論を全く無視しています。プロセス・内容ともに大きな問題点が有り、福島原発事故の収束すら目途が立たない日本のエネルギー政策見直しの案として、決して認められるものでは有りません。

 2014年1月6日までに、撤回を求める声を数万・数十万と集める必要が有ります。ひとりひとりが声を上げ続けることが大切です。ほとんど反映されないであろうことは覚悟の上で、それでも投稿しました。


【参考サイト】
 パブコメで未来を変えよう
【提出方法】
 新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の募集について
 上記リンクの意見募集フォームから投稿。
posted by MIKA at 11:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください